So-net無料ブログ作成

NLPって何だろう?仕事で使えるNLPについて分かりやすくまとまった本

日々、仕事をしている中で、うまくいかない時って、どうしてますか?
私は、結構完璧主義なので、何か良くないことがあると、全て自分のせいにしてしまう癖があります。
それで、自己否定感に陥って、表向きは取り繕っていても、会社から帰ってもひたすら反省するような状態・・・

そんな時に出会ったのが、「マンガでやさしくわかるNLP」(山崎啓支著・日本能率協会マネジメントセンター)でした。



そもそも、NLPとは"Neuro Linguistic Programing"=「神経言語プログラミング」の略で、
体験によってプログラムされたことによって、それぞれが出来事を判断している、
つまり、出来事をそのまま受け取っておらず、経験や体験によって蓄積された感覚から、その出来事をとらまえて感情を左右し、次の行動にうつっている、ということで解釈していますが、
あってますでしょうか?(質問w)

この本では、とあるカフェの店長になった女性が、組織やマーケティングの課題に直面しながらも、
NLPを用いて課題をクリアしていく、結構リアルな構成になっています。
自分よりもベテランの店員に噛みつかれるだとか笑、
本社が今まで自分たち現場が良いと思っていたことと180°違うマーケティング戦略を立ててくるだとか笑、
店舗経営に関わっていなくても「あるあるー!!」ってなれる一冊です。

NLPって言葉はよく聞くけど、それが一体何なのかわからない、なんて人にも、
実際にちょっとリーダーのポジションになったが行き詰まっている、なんて方にも良い本だと思います。

かくいう私も、絶賛組織課題に直面中。自分は現場の立場なのでリーダーでも何でもないですが、
もっとうまくやれるのに、でもあの人はこう言う・・・なんてどうしようもないループに入ってます!

でもこの本を通して、鑑みることができました。
今すぐに変われることもないかもしれませんが、ぜひ、一度手に取ってみてください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。